打ち込めるものがある限り 【第17部】「老後」と呼ばないで<5完>

西日本新聞

 56歳の時に初めてハローワークを訪ねた。「月収30万円くらいはほしい。息子にまだ学費が必要なもので」。ところが現実は15万円ほどの仕事ばかり。大手機械メーカーに20年、知人の起業を手伝って15年、マーケティングや人材育成を経験し、総務部長も務めた。中小企業診断士などの国家資格もあるのに。大坪正彦さん(69)=福岡市=は自分の“市場価格”に気付かされた。

 「隣近所の視線が刺すようで、『大黒柱』の存在感もない。仕事をしていないことで、こんなにも心が傷つくのかって」。再就職は諦めて、社会保険労務士事務所を開いた。苦い経験をシニアのキャリア支援に生かしている。

 「ほとんどの人は年金だけでは暮らせないのが現実。生涯現役であることは、家計や心身の健康にも重要なんです」

 定年後も働く選択肢は三つ。同じ会社で「継続雇用」、新たな職を見つける「再就職」、自分で仕事をつくる「起業」。どの道を選ぼうと、大事なのは「常に仕事観の再構築をすること」と語る。自分が、(1)何に価値を感じるか(2)何をやりたいか(3)何が得意か-を折に触れ問い続けること。定年前になって次のことを考えるのではなく、「今の仕事で輝くことが、生涯生き生きと働くことにつながる」と、遅くとも30~40代で考え始めるようアドバイスしている。 

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ