世界遺産ラスコー展

西日本新聞

 9月3日まで、福岡県太宰府市の九州国立博物館。フランスのラスコー洞窟の壁画を実物大で精密に再現。クロマニョン人が描いた「大きな黒い牝ウシ」などの壁画や狩猟具など計185件を展示。2万年前の芸術の起源を体感できる。一般1600円、高大生1000円、小中生600円。NTTハローダイヤル=050(5542)8600


=2017/08/12付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ