民団、少女像移転要望 釜山設置 韓国外相と面会

西日本新聞

 在日本大韓民国民団(民団)中央本部の呉公太(オゴンテ)団長が6日、韓国外務省で尹炳世(ユンビョンセ)外相と面会し、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意の着実な履行と、釜山の日本総領事館前に設置された少女像の移転を求める要望書を提出した。

 韓国外務省によると、呉団長は、昨年末の釜山の少女像設置以降、日本で韓国に対する世論が急速に悪化しているとし、「在日同胞社会がかなり難しい状況にある」と訴えた。これに対し、尹外相は民団側の要望を重く受け止める考えを示し、韓国政府としても解決に向けて努力していると説明。「韓日関係の安定的発展のために今後も継続的に努力する」などと強調したという。

 面会に先立ち、呉団長は報道陣に対し、韓国内で少女像移転に否定的な声が多いとの指摘に対し、「機会があればわれわれが(移転の必要性などを)説明する」と述べた。

この記事は2017年02月07日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ