第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

菅井優勢で最終盤 王位戦第4局

西日本新聞

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦している第58期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第4局は23日午前9時、兵庫県淡路市のウェスティンホテル淡路で再開し、指し継がれた。

 両対局者が前日の手順を再現した後、立会人の森鶏二・九段が羽生の封じ手(46手目)を開封。「5七桂成」と読み上げ、2日目の対局に入った。

 封じ手は、銀を取りながら王手をかけた手。羽生の4六銀打(50手目)から、先手玉頭で激しい攻防が繰り広げられた。菅井は丁寧に相手の攻めに応じつつ、8六桂(67手目)から9四歩(69手目)と反撃。菅井優勢で最終盤の局面になり、菅井が9四桂(83手目)と後手玉に迫ったところで昼食休憩に入った。

 副立会人の西川慶二・七段は「9四桂は、菅井七段狙いの一手。羽生王位がどのようにこの手をしのぐか」と話した。

 同日中に決着する見通し。対局の模様は西日本新聞ホームページで速報している。


=2017/08/23付 西日本新聞夕刊=

◆第58期王位戦の中継サイトはこちら

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ