解散前日、民進に激震 新党合流「うそだろ」 九州の関係者「反自民結集」歓迎も

西日本新聞

 衆院解散前日、民進党に激震が走った。小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」への合流を模索する動きが明らかになり、「寝耳に水」の九州の民進関係者は騒然。大量離党、合併、解党…。臨戦態勢に入っていた立候補予定者は、飛び交う情報の確認も取れずに浮足立つ。党勢低迷の苦境の中、捨て身の新党合流による局面打開に期待の声もあがった。

 「え、合流ですか」

 27日午後3時、福岡県庁。衆院福岡1区の元職山本剛正氏は、記者会見中に民進、希望両党の合流騒ぎを記者団から知らされ、数秒間絶句した。

 既に「民進党」と記したポスターを大量発注済み。「自分の所属先もさることながら、印刷物の変更など物理的な問題が頭に浮かんだ」。顔から大量の汗が噴き出した。

 党代表選では前原誠司代表に投票。気を取り直して「代表が進む道を歩みやすいものにしていくしかない」と述べ、前原氏の決定に従う考えを示した。

 宮崎2区の新人富井寿一氏は午後5時半ごろ、インターネットのニュースで知り「うそだろ」と驚いた。党からの連絡は一切なし。急きょ、印刷会社には党名を抜いてポスターを作成するよう依頼したが、「候補者調整があれば、自分の立場もどうなるか」と不安を吐露した。

 熊本4区の元職矢上雅義氏は数日前に野党再編の動向について情報をつかみ、ポスターやパンフレット作成を止めていた。「ひょっとしたら反自民でまとまるかもしれない」と期待感をにじませた。

 県連幹部の受け止めはさまざまだ。福岡県連の川崎俊丸幹事長代理は「安倍政権を倒す。その一点で集結するしかない」と歓迎。長崎県連の高比良末男副幹事長は、あきらめたように「なるようにしかならん。時間がないので、人気頼みの空中戦をやるしかないな」とぼやいた。

 一方、宮崎県連の渡辺創幹事長は「解党は到底受け入れられないし、実態としての組織がないところへの合流もあり得ない」と猛反発。「選挙直前にこんなことをしていいはずがない」と党本部への憤りをあらわにした。

=2017/09/28付 西日本新聞朝刊=

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ