衆院解散、総選挙へ 「安倍VS小池」の構図 10月10日公示 22日投開票

西日本新聞

 衆院は28日午後の本会議で解散された。これを受け、政府は臨時閣議で衆院選日程を「10月10日公示-22日投開票」と決定した。約4年9カ月にわたる「安倍政治」の是非が最大の争点。安倍晋三首相(自民党総裁)は、消費税増税分の使途変更や北朝鮮に対する圧力強化路線を前面に訴える。野党は「森友、加計(かけ)学園問題を隠すための大義なき解散だ」と批判。民進党は小池百合子東京都知事が立ち上げた「希望の党」に合流する方針を決め、「安倍VS小池」による政権選択選挙となった。

 衆院選は与党が大勝した2014年12月以来。選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられて初の衆院選となる。「1票の格差」是正で定数は10減し、戦後最少の465(小選挙区289、比例代表176)。過半数は233議席。首相は勝敗ラインについて「与党で過半数」と述べ、割り込めば「辞任する」と表明している。

 首相と全閣僚は28日午前の閣議で解散の閣議決定書に署名。午後の衆院本会議冒頭で大島理森議長が解散詔書を読み上げた。民進、共産、自由、社民の野党4党は、所信表明演説や代表質問などが行われないまま解散されることに反発し、本会議を欠席した。

 首相と公明党の山口那津男代表は28日夕、東京・渋谷でそろって街頭演説。首相は「日本は北朝鮮の脅威、少子化に直面している。いかにして国民の命と平和な暮らしを守り抜くのかを問う選挙だ」と訴えた。

 小池氏は都内で記者会見し「北朝鮮情勢が厳しい中で消費増税の使い道の信を問うのはお門違いだ」と首相を厳しく批判。民進党の前原誠司代表は希望の党への合流を決めた両院議員総会で「どんな手段を使っても安倍政権を止めないといけない」と強調した。

=2017/09/29付 西日本新聞朝刊=

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ