民進県連「英断だ」 希望の党「合流」決定 他野党は困惑、憤り

西日本新聞

 衆院が解散された28日、野党再編が一気に動き出した。10月22日投開票の衆院選を巡り、民進党が「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)への事実上の合流を決定。「英断だ」「どうなるんだ」「裏切りだ」。野党共闘の流れも「リセット」され、県内の野党関係者には複雑な感情が交錯した。

 民進党の両院議員総会が始まった28日午後1時半。大分市の県連事務所では関係者が緊張した面持ちで総会の中継を見守った。前原誠司代表が「名より実を取る。どんな手段を使ってでも安倍政権を止めなければならない」と宣言すると、小嶋秀行県連幹事長は即座にメモを取った。「安倍1強を倒すためにはこれしかない。度肝を抜かれる話だったが、じり貧の党を浮上させるには、これくらいのダイナミズムが必要だ。前原代表の言葉を誠実に受け止めて頑張るしかない」と言い聞かせた。

 同じ時刻。共産党、自由党、社民党の県組織幹部が県庁の一室で顔を合わせていた。民進党と希望の党の合流を踏まえ、これまで県内の3小選挙区で選挙協力することで一致してきた3党が「今後、野党共闘をどうするか」を協議するためだった。

 この会合で希望の党に対決姿勢を示す共産党が、社民党に「おたくが立てる2区は支援する。3区はうちが擁立する新人を支援してほしい」と要望。社民党は「検討したい」と答え、1区については協議しなかったという。

 野党共闘が白紙になった状況に、共産党県委員会の林田澄孝委員長は「希望の党は、自民党の補完勢力以外の何者でもない。共闘に敵対する存在であり、(希望の党の公認候補が出るならば)1区でも3区でも真正面から闘う」と語気を強める。

 社民党も戸惑いを隠せない。県連合の守永信幸幹事長は「希望の党がどういう性格の党なのか見えない中、何とも言えない」。ただ、支援に回る予定だった民進党系前職と、共産新人が立候補を予定している1区では、難しい立ち位置が迫られそうだ。「1区の対応は難しい。(民進党系前職が)希望の党の公認候補として出るならば、うちの支持者は離れてしまう」。別の県連合幹部は悩ましげに語った。

=2017/09/29付 西日本新聞朝刊=

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ