集会や演説 動き急 解散後初の週末 決戦へ候補予定者

西日本新聞

 衆院解散後、初の週末となった30日、県内でも衆院選(10日公示、22日投開票)に向け、小選挙区の立候補予定者が決起集会を開いたり、街頭演説や地域の催しを回ったり、超短期決戦へ動き始めた。

 1区に立候補予定の民進系前職は午後2時から県庁で報道各社の共同インタビューに臨んだ。解散後も、「希望の党」との合流などに絡む東京での会合が立て込み、熊本に戻ったのはこの日の昼前。「参加しなければいけない会合がたくさんある」と慌ただしく、会場を後にした。

 この日、新たに県議が希望から出馬の意向を表明。5人が立つ見通しとなった2区。無所属新人は午前11時すぎ、熊本市西区の交差点でマイクを握り、「人口減に歯止めがかからない。世代交代を含め何かを変える必要がある」と訴えた。

 同選挙区の社民新人は玉名市で決起集会。吉田忠智党首も駆け付け、「情勢は激変しているが、われわれはリベラル政党の中心になる」と声を上げ、支援者とガンバロー三唱した。対する自民前職は区割り変更で新たに2区に加わった熊本市南区城南町の老人施設の祭りに参加。「安定した長寿社会のための財源づくりをやっていく」と呼び掛けた。

 3区の共産新人は、熊本市内であった若者支持者とのトークイベントに参加。働き方や安全保障についての意見に耳を傾けた。

=2017/10/01付 西日本新聞朝刊=

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ