「選挙割」投票でお得 久留米の市民グループ企画 ドリンク無料や割引販売も

西日本新聞

「選挙割」の張り紙の前で笑顔を見せる広松香奈美さん 拡大

「選挙割」の張り紙の前で笑顔を見せる広松香奈美さん

 22日投開票の衆院選での投票率アップを目指し、久留米市の市民グループ「アクションする母さんの会」が、市内の飲食店などで特典が受けられる「選挙割」を企画した。昨年10月の福岡6区補選に続く試み。メンバーの主婦広松香奈美さん(35)は「投票したら“お得”。ぜひ選挙権を行使して」と呼び掛けている。

 メンバーのほとんどが子育て中。子どもたちの将来のためにも政治や選挙に向き合おうと昨年6月、広松さんが中心になって会を結成した。補選の「選挙割」には趣旨に賛同した24店が参加した。

 今回の参加店舗は20店舗超。投票後、各投票所で申請したらすぐに発行される「投票所来所証明書」を持参すると、飲食店でドリンクが無料になったり、生花店で購入額が2割引きになったりするサービスがある。学生対象の「選挙学割」を実施する店舗も。期間は店舗によって異なり、最長31日まで。

 広松さんは「選挙割は投票所に足を運んでもらうための小さなきっかけ。政治を身近に感じる一歩になれば」と話した。

 各店舗の情報はホームぺージ=http://vote.2-d.jp/=で確認できる。

=2017/10/21付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ