3選挙区自民独占 岩屋氏、因縁対決制す 3区横光氏は比例復活

西日本新聞

 衆院選は22日投開票され、大分1~3区で自民が議席を独占した。1区は自民前職の穴見陽一氏が4度目の対決となった希望前職の吉良州司氏との激戦を制し、小選挙区の議席を奪還した。2区は自民前職の衛藤征士郎氏が12選。3区は自民前職の岩屋毅氏が、中選挙区時代を含め7度目の対決となった立民元職の横光克彦氏との一騎打ちを制した。自民の小選挙区独占は2012年以来。3区の横光氏は比例代表で復活当選した。投票率は56・98%で過去最低だった14年(56・11%)を上回った。

=2017/10/23付 西日本新聞朝刊=

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ