台風で即日開票見送り 佐賀2区、宮崎2区 離島票届かず

西日本新聞

 台風の影響で全国で衆院選の開票延期が相次ぐ中、九州では22日、佐賀県唐津市と宮崎県延岡市の各選挙管理委員会が、離島からの船便が欠航して投票箱を移送できないため即日開票を見送り、それぞれ23日午後2時と同1時からに延期すると発表した。これに伴い、佐賀2区(当日有権者数35万3654人)と宮崎2区(同28万4933人)、比例代表九州ブロックの開票結果が確定しなかった。

 唐津市(同10万2540人)では七つの離島(同1424人)、延岡市(同10万5252人)では島野浦島(同810人)で投票箱の回収ができなかった。

=2017/10/23付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ