舞鶴公園で魚が大量死 酸欠が原因か 福岡市

西日本新聞

 29日朝、福岡市中央区城内の舞鶴公園の堀で、ヘラブナやコイなど200~300匹が死んで浮いているのが見つかった。アオコの発生に伴う酸欠死の可能性が高く、財団法人九州環境管理協会(福岡市)が詳しい原因を調査している。

 現場は大濠公園の近くにある堀。警察に通報した公園夜間警備員の田原定さん(67)によると、午前7時すぎ、堀の一面に魚が浮いていた。時間の経過とともに一部が沈んだという。

 舞鶴公園管理事務所によると、春の水温上昇に伴い、酸欠で数十匹が一度に死ぬことはあったが、これほど多いのは珍しいという。

この記事は2017年08月29日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ