「ばんぢろ」28日復活 福博にコーヒー根付かせた喫茶店 博多区・上川端商店街

西日本新聞

 戦後、まだ珍しかったコーヒーを福博に根付かせ、1998年に閉店した喫茶店「ばんぢろ」が28日、福岡市博多区の上川端商店街に復活する。店長は初代オーナーの井野耕八郎さん(故人)の孫、徳安善孝さん(38)。「祖父の技術を受け継ぎつつ、多種多様の豆や飲み方に合う入れ方を追究したい」と意気込む。

 ばんぢろは東区箱崎で49年に創業。61年には佐賀県唐津市を訪れた昭和天皇にもコーヒーを提供し、西鉄ライオンズの選手や高倉健さんが訪れたこともある。複数店を展開した時期もあったがチェーン店の影響を受け、2代目の井野和人さん(61)が中央区天神4丁目の店をたたみ、約半世紀の歴史に幕を下ろした。

 生まれも育ちも博多っ子の徳安さんは祖父の店に出入りし、よくレモンスカッシュを飲んだ。小4の文集で「20年後はうなぎやか、コーヒーきっさ店をやっていると思う」と記した。ホテルオークラ福岡で働いた14年間も思いは続いた。

 決断させたのは、時代の変化だった。90年代以降に定着したチェーン店には太刀打ちできなかったが、近年はスペシャルティーコーヒー(SC)と称される「質の高いコーヒーを楽しむ」スタイルが登場。「ばんぢろの技術を生かし、新たな挑戦をしよう」(徳安さん)と腹を決めた。

 ホテル勤務時代にはコーヒーに関わる仕事も手掛け、15年に日本SC協会の上級資格を取得。抽出法を解説した祖父の著書を読み込み、2代目の和人さんからは「やりたいようにやれ」とお墨付きを得た。内装はかつての純喫茶風ではなくカフェ風に仕上げたが、カウンターの板やロゴ入りグラスは昔の資材を使う。

 26日に開いたプレオープンイベントには、かつての常連客が次々と来店。復活を望んでいたという近くの向衛さん(70)は「初代に比べるとまだ100%じゃないけど、若いのでこれから」と笑顔で味わっていた。

 店名は「ブリュワーズコーヒー ばんぢろ」。祖父と同様、入れる(ブリュー)ことへのこだわりで名付けた。午前11時~午後10時。火曜定休。

この記事は2017年08月28日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ