バブル生き残り、レトロなミスドに若者驚く 福岡市・大濠店、メリーゴーラウンド回転も

西日本新聞

全国に3店しか残っていないメリーゴーラウンドのあるミスタードーナツ大濠ショップ 拡大

全国に3店しか残っていないメリーゴーラウンドのあるミスタードーナツ大濠ショップ

夜には電飾がついて回る 大濠ショップにはジュークボックスもある。音楽は鳴らないが味わい深い

 メリーゴーラウンドが鎮座し、時には回転する「ミスタードーナツ」の店舗が福岡市中央区の大濠公園にある。こうしたタイプの店はバブル経済の時代に全国で展開されたが、現在は約1200店ある同チェーン店のうち3カ所しかなく、九州では唯一だ。懐かしさを感じる人がいる一方、若い世代には新鮮に受け止められており、会員制交流サイト(SNS)に驚きの投稿も相次ぐ。

 ドーナツを頬張る客のそばで、白馬がはねるメリーゴーラウンドが存在感を放つ。商品ケースの近くには古いジュークボックス、壁にはネオン管のサインも。米国映画に出てきそうなレトロなイメージの「大濠ショップ」は1975年1月に開店し、その後の改装で今の形となった。メリーゴーラウンドに人は乗れないが、夜は電飾も輝く。客からのリクエストで回転させることもある。

 「ミスドと言えばメリーゴーラウンドだった」。友人と訪れた伊藤美奈子さん(46)=福岡市博多区=は、高校生の頃に同市・天神の通称「親不孝通り」で遊んでいた頃を懐かしむ。「30年ほど前は親不孝通りにあった店も同じ内装だった。いつの間にかなくなってしまった」と話す。

 運営するダスキンによると、こうした店舗は「21型」と呼ばれる。「21世紀を目前にして、より未来を意識したエンターテインメント的な店舗づくり」を目指し、1986年に東京・新宿に1号店が誕生。ピーク時の店舗数は記録に残っていないという。その後、店のデザイン変更に伴い徐々に撤去され、現在は他に大阪市の「今福鶴見ショップ」、松山市の「フジグラン松山」が残るのみ。

PR

PR

注目のテーマ