佐賀産「コハダ」ピンチ!? オスプレイで不漁の恐れ 音に敏感、漁師も気遣う

西日本新聞

 江戸前ずしで光り物の代表格となるコハダに不漁の恐れが出てきた。築地市場で「全国一」の取扱量を誇るのは佐賀産。その漁場となる有明海に臨む佐賀空港で、自衛隊のオスプレイ配備計画が進んでいるためだ。漁師が船上で声を押し殺すほど音に敏感なコハダが万一、プロペラ音で逃げれば、漁は成り立たない。

 ■極上マグロに匹敵?

 鮮魚を積んだフォークリフトが慌ただしく走り回る東京・築地市場。卸大手の東都水産の担当者は佐賀産のコハダについて、こう評価した。「東京湾で取れる江戸前より脂が乗っておいしい。形もきれいで理想的だ。有明海は餌が豊富なんだろうね」

 中でも、5~6月に漁獲されるコハダの幼魚シンコは「とても品質が良くて、1キロ3万円ほどで取引される」と絶賛。その存在感は「極上マグロにも匹敵する勢い」(水産関係者)だ。

 佐賀からは空輸で築地市場へ届く。市場関係者によると、漁獲量も東京湾や三河湾など「他の産地より安定している」と信頼感も大きい。

 出世魚で、成魚はコノシロと呼ばれる。東京都によると、築地市場のコノシロ(シンコやコハダを含む)取扱量は年間約514トン。このうち佐賀産は約196トンと4割近くを占め全国1位。熊本産が約149トンと2位に続き、両県で全国の7割近くを占めた。ともに漁場は有明海で、もはや江戸前ずしにとって有明海は「欠かすことができないネタの供給基地」(水産関係者)となっている。

 ■投網漁を続けるワケ

 有明海でコハダ漁を営む漁師たちは、伝統的な投網漁にこだわる。最も盛んな県有明海漁協大浦支所(太良町)によると、20隻ほどが出漁し、1隻に漁師2~3人が乗り込む。

 漁場に近づくと、漁師たちは漁船のエンジンを止め、声を殺し、ろをこいで静かに近づく。水面に目を凝らして魚影を見つけると、指さして合図し、網を投げる。手で引き上げ、うまくいけば銀色に輝くコハダが大量に船上で跳びはねる。

 昔ながらの漁法にこだわるのは「コハダが非常に音に敏感だから」(下田貴利支所長)だ。

 有明海は、二枚貝など漁業資源の減少に歯止めがかからない。国営諫早湾干拓事業(長崎県)の影響で「赤潮が頻発するなど漁業環境が悪化している」と漁業者の主張もある中、コハダは「年間を通じて漁ができる大切な収入源」(下田支所長)。後継者も育っており、もし不漁となれば「漁業を継承できなくなる」と漁業者たちは不安を募らせる。

 ■防衛省「影響なし」

 昨年11月、有明海上を米海兵隊のオスプレイ1機が飛んだ。自衛隊機の佐賀空港配備を見据え、防衛省が行った試験飛行だ。

 この時、九州防衛局は空港周辺で海中の音を測定した。2月に公表した測定結果によると、水深2メートルで最大102デシベル。公益社団法人「日本水産資源保護協会」が公表する目安では、魚が遠ざかる音(威嚇レベル)は140~160デシベルで、同防衛局は「オスプレイの音圧レベルは、魚類への影響がないと考えられる」とした。

 ただ、配備予定地の地権者となる県有明海漁協が滑走路近くの堤防で実施した測定では、オスプレイの離陸時の音は最大111デシベルで、ジェット旅客機の103デシベルを超えた。旅客機は漁の大きな妨げになっていないが、配備後、有明海上をオスプレイが編隊を組んで飛行すれば、どんな影響を受けるか見通せない。

 そんな漁業者の心配を受けて、防衛局は今年7月と8月の計2回、オスプレイの飛行音がコハダに与える影響を現地で調べた。試験飛行時に録音した騒音を海中で鳴らしたり、上空に陸上自衛隊のヘリコプターを飛ばしたりして、実際の魚の動きをカメラで追った。「分析には時間がかかる」といい、結果の公表は早くても今秋の見通しだ。

 漁協は懸念する。「いくら『問題ない』と言われても、コハダが逃げたらおしまい。影響は佐賀だけにとどまらない」。下田支所長が言う通り、万一、不漁になれば多くの江戸前ずしファンも悲しむことになる。

この記事は2017年09月28日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ