“幻の枝豆”発売 福岡県筑前町

西日本新聞

 苦みが少なく、甘みが強いと人気の福岡県筑前町の特産黒大豆「筑前クロダマル」の枝豆が、14日から販売される。成熟した黒豆の収穫時期は12月だが、毎年この時季に枝豆用としての出荷解禁日を町などが設けている。生産者は「今年は特に豊作。旬がわずか10日ほどの“幻の枝豆”を食べてほしい」とPRしている。

 14日午前9時から同町三並の農産物直売所「ファーマーズマーケットみなみの里」で、枝付き650グラムを500円で販売。同午後2時からは、もちの代わりに「枝豆入り米粉パン」をまいて、解禁を祝う催しもある。みなみの里=0946(42)8115。

この記事は2017年10月14日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ