「軍艦島は地獄ではない」 韓国映画に長崎市長反論 当時の実情、4ヵ国語で発信へ

西日本新聞

 太平洋戦争中の長崎市の軍艦島(端島)を舞台に、過酷な炭鉱労働を強いられた朝鮮人徴用工らが集団脱走を図る韓国映画「軍艦島」に関し、田上富久市長は6日の市議会一般質問で「島は決して(映画で)地獄島と表現されるような状況ではなかった」と述べ、市のホームページ(HP)上で当時の島の実情について4カ国語で発信する考えを示した。

 映画は史実ではない内容が含まれており、物議を醸した。市は「韓国内では映画と似た内容の絵本も刊行されており、島に関する正しい理解を国内外に広めたい」(世界遺産推進室)として、HPでの発信を決めた。端島炭坑の元労働者とその家族ら島民の証言をまとめ、日本語と韓国語、中国語、英語版を準備。1~2カ月内に公開する考え。

 映画を巡っては、元島民らでつくる市民団体が8月、在日韓国大使館などに「フィクションと断れば、事実と全くかけ離れた虚構を映画にすることは許されるのか」と抗議している。

この記事は2017年09月07日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ