姫川シリーズ待望の最新長編! 世相を巧みに描いた社会派ミステリー

西日本新聞

 『ストロベリーナイト』に始まる姫川玲子シリーズ待望の最新作。菊田や勝俣といったお馴染みの面々に加え、検事・武見、衆議院議員・鴨志田という一癖も二癖もある新しいキャラが登場する。原作ファンはもちろん映像から入ったファンも、キャラクターのその後や成長を読むことができ、満足のいく内容となっている。

 冒頭に出てくるのは、高校生男女の初々しい恋物語。だが、少女は謎の失踪を遂げた。少女が北朝鮮の工作員に拉致されたことを、後に少年は知ることとなる。少女と拉致被害者を奪回するため、彼は入学した大学を辞めて自衛隊に入隊し、絶望的な捜索を一人続けていた。

 一方、林統括の殉職を経験し、心身に疲弊感の残る姫川玲子が入ったのは、葛飾署管内で起きた女子大生の殺人事件捜査本部。捜査に集中する玲子だったが、すぐに行き詰まってしまう。有力な被疑者が他の殺人事件ですでに別の所轄に逮捕されており、情報が流れてこないのだ。所轄の取り調べに違和感を持った玲子は、事件の担当検事、武見諒太と情報を交換しながら事件の全体像を探り始める。

 幾重にも隠蔽された闇に近づくにつれ、目を背けたくなる結末が待ち構えている。北朝鮮による拉致事件と玲子が担当する殺人事件。この二つの事件がつながったとき、読者はとんでもない現実を突きつけられることだろう。

 「閣議決定がなければ、領海侵犯、領空侵犯をした敵に対し、威嚇射撃すらできない我々は、一体、どうやって国民を守ればよいのでしょうか」

 悲痛な自衛隊員の叫びに正面から答えられる政治家はいるのだろうか。霞が関の権力、北朝鮮による拉致事件、憲法九条の改正。世相を巧みに描いた社会派ミステリーに仕上がっている。

 姫川シリーズ新たなステージへ、という謳い文句に納得のファンにはたまらない一冊である。物語は続編を期待させる結びとなっている。本作で触れられたガンテツこと勝俣の過去、玲子と武見の今後にも注目したい。これからの玲子の活躍が楽しみだ。


出版社:光文社
書名:ノーマンズランド
著者名:誉田哲也
定価(税込):1,728円
税別価格:1,600円
リンク先:https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334911928

西日本新聞 読書案内編集部

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ