給食のハテナ?(2)先生の目 学びの時と場でも

担任らは悩み、考える

 給食の時間は単に「食べる」だけでなく、担任教諭にとっては実に興味深い時間だという。授業から解き放たれた児童生徒からは、さまざまな素顔や人間関係、背景がうかがえ、この時間にいじめなどの問題の芽を察知する教員もいる。先生たちはどんな様子で、子どもたちと一緒に給食を食べているのか。福岡市博多区にある堅粕小学校の給食時間を見せてもらった。

   ◇   ◇

 11月24日金曜日、3年生20人のクラス。エプロン姿の給食当番が食器や料理を教室に運んでくる。この日のメニューは福岡米のライスコロッケ▽野菜のスープ煮▽くるみパン▽みかん。ライスコロッケは新登場の献立だった。

 担任の先生がまず、野菜のスープ煮を3皿分、器に盛る。当番はその量を手本に、順々に盛っていく。別の当番が手分けして配膳。袋入りのパンや牛乳も手際よく配っていった。

 堅粕小では、学級分のおかずやご飯はひとまず鍋から全部なくなるようつぎ分ける。「量が多い」という児童はその後に減らし、お代わりに回す。1人分の量を理解してもらう工夫だ。

 「普段の子どもの様子を見て、食べられそうな量を見極めるのも教員の腕の見せどころ」と入江誠剛校長(60)。低学年だと特定の料理をかなり減らす児童もいるが、この日は誰もいない。全員が減らさずに「いただきます」の合図で食べ始めた。

関連記事

PR

PR