太刀山美樹のちょこっと体操 一緒にやって笑顔に

西日本新聞

 心と体だけでなく、社会的にも健康であることが大事だそうです。社会的な健康とは何でしょう。外に出て、人に会い、笑顔になる-。こんなことだと私は思います。そこで人と一緒にやると笑顔になる体操をお届けします。2人組でやってみてください。

 (1)前後に並んで立ちます。後ろの人が前の人の両肩を持ち、前後に揺らしてほぐします。前の人は大きな声を出しながらやると力が抜けます。

 (2)口を大きく開いて、ぎゅっと閉じます。次に口を大きく開けて「あ、い、う、え、お」と顔全体の筋肉を使うように声を出します。生き生きとした表情につながります。

 (3)両手をグーにして、右手から指を1本ずつ開いて10まで数えます。数え終わったら「あー」と口を大きく開け、目も見開きます。そのまま相手と目を合わせてください。

    ◇   ◇

 たかが運動、されど運動。私は最近、新たにシニアの女性向けチアダンスチーム「グランチア」を立ち上げました。ポンポンを持って大きな声を出しながら動きます。「あースッキリ。こんなに声を出して動いたのは初めて。夫が亡くなって1人暮らしで、普段は電子レンジとしか話さないのに」とは参加者の声です。

 年齢を重ねると、家族や友人との別れもあり孤独を感じ、健康面や経済的な不安も募るものです。そこで、「自分のため」はもちろん「誰かの役に立ちたい」という気持ちを生かせるチアダンスは大きな意義があります。地域で披露し、見ている人を元気にするのが目標です!

 私の連載も今日で終わりです。今まで本当にありがとうございました。

 =おわり

   ◇   ◇

 太刀山美樹(たちやま・みき) 1967年生まれ。子どもの運動塾MIKI・ファニット(福岡市)代表取締役。大学講師などの傍ら、九大大学院で勉強中。太刀山美樹オフィシャルサイトはこちら


=2017/12/22付 西日本新聞朝刊(生活面)=

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ