田川市のTFGが社会貢献で表彰 少年の更生保護評価

西日本新聞 筑豊版

 田川市のNPO法人「TFG(田川ふれ愛義塾)」が、更生保護活動での功績を評価され、公益財団法人「社会貢献支援財団」(東京、安倍昭恵会長)の社会貢献表彰を受けた。TFGの工藤良代表は「活動してきて良かった。今後は福祉とも結びつく施設を目指したい」と喜びを語った。

 塾は2005年に設立。09年に法務省から更生保護施設として認可を受け、少年院を退院したり保護観察処分を受けたりした少年らも受け入れる。現在16~23歳の26人が、ボランティア活動や農作業、アルバイトなどを通して社会復帰を目指している。

 工藤代表は15日、田川市役所で二場公人市長に受賞を報告。二場市長は「いろんな人が入塾して巣立っていった。社会にとって素晴らしいこと」とあいさつ。工藤代表は「スタッフ全員が少年たちにとって厳しく、思いやりを思って接してきた。感謝している」と話した。

=2017/12/23付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ