「ねぼとけさん」大掃除 篠栗・南蔵院「お身拭い」

西日本新聞

 篠栗四国霊場の総本寺、南蔵院(福岡県篠栗町篠栗)で26日午前、巨大な釈迦涅槃(しゃかねはん)像のすすを払う「お身拭(みぬぐ)い」があり、僧侶や信者ら約200人が像を清めて、今年の厄落としなどを願った。

 1995年建立の像は全長41メートル、高さ11メートル。横たわる姿から「ねぼとけさん」として親しまれ、世界最大のブロンズ製の涅槃像として、篠栗のシンボルにもなっている。

 この日は、林覚竜副住職らの読経に続いて、参拝者たちが長さ5メートルの竹ザサを使って、涅槃像のほこりを落とし、さらしで汚れを丁寧に拭き取った。帰省中の埼玉県和光市、小学3年中村天一(たかひと)君(9)も参加し「初めてで少し難しかったけど、きれいにできた」と話していた。

=2017/12/26付 西日本新聞夕刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ