国際技能五輪で金メダル 門司区出身の麻生さん走行型ロボット製作

西日本新聞 北九州版

 10月にアラブ首長国連邦で開かれた第44回技能五輪国際大会で、門司区出身の麻生知宏さん(24)が所属する自動車部品メーカー、デンソー(愛知県刈谷市)チームが金メダルを獲得した。麻生さんは26日、母校の小倉工業高(小倉北区)の関係者とともに北九州市役所を訪れ、北橋健治市長に喜びを語った。

 麻生さんは、坂道や段差を越えて走ることができるロボットを製作し、性能やコスト、タイムを競う「製造チームチャレンジ」(1チーム3人)に同僚2人と出場。中国や韓国、ブラジルなど出場した11カ国の中でトップになった。麻生さんは「緊張と同時にわくわくした気持ちもあった。金メダルが決まったときは、うれしかったのと同時にほっとした」と感想を述べた。技能五輪は2年に一度開かれ、同高出身者の金メダル獲得は今回で4人目という。

=2017/12/27付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ