【新年特集】さあトラスタへ行こう(5) 「ヴィヴィ女」に変身! サポーター女子ファッション教えます

西日本新聞

 トラスタでもっと、女の子らしく盛り上がりたい-。J1昇格でV長崎への熱が高まった記者が訪ねたのは、県美容専門学校(長崎市)。石見(いわみ)メルル雅子学校長に、1人でもできる「ヴィヴィ女(じょ)」メークのポイントを教えてもらった。

 同校は前季のホーム戦で、サポーターにメークを施すイベントを開いている。石見校長によると、一番手頃で人気なのがフェースペイントで「好きな選手の背番号を入れる人が多いですよ」。

 下地とファンデーションを塗った後、アクリル絵の具で描いてもらったのは星とサポーターナンバーの12番。一気に見た目が華やかになった。「これで他のサポーターとの会話も弾みますね」

 ネイルは、学校でネイルの授業の補助をする水町香菜美さん(22)に習った。オレンジ、青、白の3色を交互に塗るだけでV・ファーレンカラーに染まる。「自分なりの思いを書くとお守り代わりになるかも」。昇格を祝い、「祝」「J1」などの文字を入れた。トップコートの上からラメをのせ、大人っぽく仕上げた。

 髪形は「おでこを出してフェースラインを見せるのがお薦め」(石見校長)。髪を後ろに引っ張りながら裏編み込みをし、青とオレンジのゴムで一つに結ぶ。「スタンドではスポーティーな雰囲気を出した方がいい。髪もゴムをうまく利用すればアクセサリーとして使えます」。

 応援のときにはリストバンドやタオル、うちわなどを使うとさらに気分は盛り上がる。開幕が待ち遠しいっ!

=2018/01/01付 西日本新聞 新年特集(長崎)=

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ