僧侶が神社にお礼参り 筥崎宮で承天寺報賽式

西日本新聞

 禅宗の僧たちが神社にお参りする珍しい伝統行事「承天寺報賽式(じょうてんじほうさいしき)」が11日、福岡市東区の筥崎宮であり、承天寺(福岡市博多区)の神保至雲住職らが列をなして拝殿内を歩き回る独特の作法で読経した。

 報賽式は寺の開祖・聖一国師が1241年、宋での修行からの帰路、玄界灘で嵐に遭遇。筥崎宮の祭神に加護を祈ると、無事帰国できたことから、毎年お礼参りを続けているという。

 この日は、けさをまとった約20人の僧が筥崎宮の神職に導かれて参道を歩き、その姿に驚いた様子でスマートフォンのカメラを向ける参拝客も。福岡市西区の岡部雅子さん(76)は「神社にお坊さんがいてびっくり。めったに見られないものが見られて良かった」と話した。

=2018/01/11付 西日本新聞夕刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ