偽電話詐欺の防止へ阿部寛さん呼び掛け 県警「大使」に任命

西日本新聞

 県警は16日、俳優の阿部寛さんを「ニセ電話気づかせ大使」に任命した。阿部さんが偽電話詐欺の被害防止を呼び掛ける動画を、27日から県警のホームページで公開する。

 県警によると、昨年の県内の偽電話詐欺被害は、被害数597件(前年比245件増)、被害額11億4千万円(同約4億8千万円増)。こうした増加傾向に歯止めをかけようと、27日公開の映画「祈りの幕が下りる時」の刑事役で主演する阿部さんがこの日、県警に表敬訪問したのを機に、協力を依頼した。

 県警で行われた任命式で、一瀬裕文生活安全部長は「阿部さんの強力な発信力で被害を減らしたい」。阿部さんは「お金を要求する電話は一度切った方がいい。手口も巧妙になっており、冷静になって110番してほしい」と訴えた。その後、阿部さんは動画撮影に臨んだ。

=2018/01/17付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ