分校2校が児童を募集 武雄市教委 山内町の立野川内、犬走 新1、2年生にきめ細かな指導環境

西日本新聞

 武雄市教委は、同市山内町にある山内西小立野川内(たてのかわち)分校と山内東小犬走(いぬばしり)分校の新1、2年への入学・転入生を募集している。来年4月からの転入学で、複式学級解消と少人数教育によるきめ細かな指導環境の提供がねらい。

 両分校は1、2年生が在籍し、3年時からは本校の山内西小と山内東小に通学している。現在の児童数は立野川内分校が1年生2人と2年生6人、犬走分校が2年生のみ3人。立野川内分校では両学年の合計人数が学年別教育が成立する計9人に満たず、1、2学年がともに学ぶ複式学級で運営している。

 転入学の対象児童は、保護者が登下校の送迎が可能であれば市内外を問わない。武雄市内在住者の場合は児童数が多い武雄小、御船が丘小、朝日小、北方小の新1、2年生に限る。応募締め切りは31日で、19日午後7時から、武雄市文化会館で市教委による合同説明会がある。

 立野川内分校では地域密着の体験学習も実施。16日には校区内に工場がある高島豆腐店の指導で豆腐作りの授業があった。2年生女子(8)は「にがりで固まるのが面白い」と話した。同市教委=0954(23)8010。

=2018/01/18付 西日本新聞朝刊=

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ