磯に春の足音 五島・アオサ摘み解禁

西日本新聞

 長崎県五島市でアオサ摘みが解禁された。海岸の岩場には鮮やかな緑が広がり、漁協の許可を得た人たちが手で摘み取っている。

 五島ではアオサを水洗いして天日で乾かし、吸い物やつくだ煮、天ぷらにして食べるのが一般的。同市富江町の多郎島海岸で作業に励んだ鳥巣シズ子さん(81)は「今のところ育ちはいまひとつですが、今後に期待したいですね」。世話になった人に渡したり、島外にいる子どもたちに古里の味を届けたりするという。

 アオサ摘みが始まると少しずつ春の足音が近づいてくるといわれる。


=2018/01/18付 西日本新聞夕刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ