熊本県が今季初のインフル警報

 熊本県は18日、県内に今季初のインフルエンザ警報を出した。14日までの1週間に、定点調査している80医療機関で計2775人の患者を確認。1機関当たり34・69人となり、警報基準の30人を超えた。

 県内11保健所のうち、御船を除く10保健所で警報基準を超え、平均患者数は人吉が85・80人と最も多かった。県は感染防止のため、手洗いの励行やマスク着用を呼び掛けている。

=2018/01/19付 西日本新聞朝刊=

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR