佐賀市に24時間保育園 育児と仕事両立目指す親支援 企業主導型で4月開園

西日本新聞

 24時間体制で週末も対応する企業主導型の認可外保育施設「しゅしゅの森保育園」が4月1日、佐賀市多布施4丁目に開園する。行政書士や社会保険労務士らでつくる一般社団法人「市民生活パートナーズ」(竹下義洋理事長)が運営し、育児と仕事の両立を目指す親を支援する。

 施設は木造2階建て、延べ床面積331平方メートルで、現在建設が進んでいる。1階に保育室が入り、2階は一時保育と病後児保育の部屋、医務室を構える。国が待機児童を解消するために始めた企業主導型保育事業の助成を受けた。

 定員は0歳12人と1~2歳12人の計24人。定員の半数以上は利用契約した金融機関や生命保険会社など20事業所の従業員の子どもが対象で、残りは契約事業者以外も受け付ける。スタッフは保育士や看護師ら25人の予定という。

 竹下理事長は「潜在的な待機児童は多い。働きながら育児できる環境を整えて、親が夢をあきらめないように支援したい」と話す。入所希望者対象の説明会を21日、2月3、18日、3月4日のいずれも午後2~4時、佐賀市白山2丁目の佐賀商工ビルで開く。前日までに電話で申し込む。

=2018/01/20付 西日本新聞朝刊=

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ