石垣復旧着々と 熊本地震で一部崩落 八代城跡で見学会

西日本新聞

 熊本地震で石垣が一部崩落した八代市の国史跡・八代城跡で20日、石垣修復見学会があった。復旧の過程を知ってもらおうと市が開いてきた見学会は、4回目の今回で最後。昨年2月に市が始めた修復工事は近く完了予定で、市内外から参加した約40人は、今しか見られない石垣の裏側の構造などを熱心に見学した。

 地震では本丸北側の石垣が長さ約6メートル、高さ約3メートルにわたって崩落。重さ数百キロ~約1トンの石材109個が崩れ落ち、修復では周りの石材を含め計154個の積み直しを行っている。

 説明した市文化振興課の山内淳司主任学芸員は「崩れなかった石垣にも地震の影響を受けた箇所があるかもしれない。全体の石垣の(現状を記録する)カルテ作りが必要だ」と話した。福岡市から訪れた会社経営藤本博幸さん(68)は「石垣が1年間で復旧するのは早い」と驚いていた。

=2018/01/21付 西日本新聞朝刊=

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ