ホークス、V2へ「心一つに」 筥崎宮で必勝祈願

 プロ野球で2年連続日本一を目指す福岡ソフトバンクホークスが30日、福岡市東区の筥崎宮で必勝祈願を行った。小雪が舞う寒さの中、王貞治球団会長、工藤公康監督をはじめ選手、スタッフら160人が参拝した。

 選手会長の柳田悠岐外野手らが「めざせ世界一!」と書かれた巨大絵馬と、今季の球団スローガン「もう1頂(いっちょ)!」が記された垂れ幕などを掲げて参道を歩くと、集まった約3800人のファンから熱い声援が飛んだ。

 王会長は「昨年はホークスの歴史に残る戦いができた。新たなシーズンのスタート。ゴールを目指して、一致団結して戦い抜く」とあいさつ。工藤監督は「もう一度心を一つにして、頂点を目指そう」と誓った。

 チームは31日にキャンプ地の宮崎市に入り、2月1日に同市の生目の杜運動公園でキャンプインする。

=2018/01/30付 西日本新聞夕刊=

関連記事

PR

PR