人が寝言を発する時

 突然ですが皆さん、寝言は言いますか。私自身のことは分からないが、家人は時々言っている。「こらあっ」と怒りの声を上げたり「きゃあ」と叫んで逃げるしぐさをしたり、寝言の域を超えているかもしれない。どんなスリルに富んだ夢を見ているのだろう。

 フランス紙フィガロに、パリのピティエ=サルペトリエール病院が行った寝言調査のことが載っていた。大人の約6%が聞こえるような大きな声で週1回以上、寝言を言うそうだ。発する声のうち6割はうなったり、むにゃむにゃ言ったり意味不明。はっきりしたものでは「ノン」など否定の言葉が多かった。また男性は「くそっ」「ちぇっ」といった、あまりきれいでない言葉が多い傾向にあり、「ありがとう」「こんにちは」「お願いします」は、全体の0・03%にすぎなかった。

 面白いのは寝言のほとんどは独り言ではなく、誰かと対話しているらしいこと。その上でネガティブな言葉が多いのは、何かストレスがある表れだろうか。家人の寝言は聞かなかったことにした方がよさそう。 (井手)


=2018/02/01付 西日本新聞夕刊=

関連記事

PR

PR