「福岡を知る~音楽・文学さんぽ」 23日、NHK「ラジオ深夜便」で特集

西日本新聞

鮎川誠出演、帚木蓬生講演など

 NHK福岡放送局はラジオ第1の人気番組「ラジオ深夜便」で23日夜から翌日早朝にかけて「福岡を知る~音楽・文学さんぽ」を全国放送する。

 23日午後11時台から「福岡フォーク&めんたいロック」と題して、日本を代表するロックバンド「シーナ&ロケッツ」の鮎川誠のインタビュー(録音)を流すほか、西日本新聞夕刊で毎週月曜に「九州近代歌謡遺聞」を連載し、「博多ロック外伝」などの著書がある田代俊一郎本紙客員編集委員が生出演する。

 同局はシナロケの青春時代を描いたテレビドラマ「You May Dream(ユー・メイ・ドリーム)」を制作。3月2日の放送に先立ち、ゲスト2人の話や井上陽水、甲斐よしひろなど福岡ゆかりのアーティストの曲とともに、1970~80年代の福岡の音楽状況を振り返る。

 文学は福岡県中間市在住の作家帚木蓬生にスポットを当てる。24日午前1時台から小説「守教」をアナウンサーが朗読。同4時台の「明日へのことば」では「つづりたいこと、続けたいこと」をテーマにした帚木の講演を放送する。アンカーは原田徹アナウンサー。

 同局=092(724)2806=はリスナーから曲のリクエストや、地元出身のアーティストや音楽にまつわる思い出、福岡での暮らしなどのエピソードを16日まで募集している。

=2018/02/03付 西日本新聞夕刊(娯楽面)=

PR

PR

注目のテーマ