6日まで大雪の恐れ 福岡県内 JR線に運休、遅れも

西日本新聞

 福岡県内は5日、上空に強い寒気が流れ込んだ影響で厳しい冷え込みとなり、各地の最低気温は氷点下となった。同日午前5時に飯塚市で12センチ、久留米市で2センチの積雪を観測したほか、福岡市・天神でも時折雪がちらつき、交通機関にも乱れが出た。冬型の気圧配置は続き、6日にかけて大雪となる恐れがあるという。

 気象庁によると、5日午前11時現在の県内各地の最低気温は、添田町氷点下4・6度▽八女市氷点下3・7度▽大牟田市氷点下2・7度-など。

 JR九州によると、雪に伴って一部区間で列車が徐行運転し、福北ゆたか線の上下線計8本、日田彦山線の上下線計7本に運休や遅れが生じた。県内では5日夜から寒気がさらに強まる見込みで、6日朝までの降雪は多い所で山地15センチ、平地10センチが予想されている。気象庁は、路面凍結や農作物の管理に注意を呼び掛けている。

=2018/02/05付 西日本新聞夕刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ