石牟礼道子さん死去 「苦海浄土」水俣病描く 90歳

 公害病の原点とされる水俣病の患者と家族の苦悩を描いた大作「苦海浄土(くがいじょうど)-わが水俣病」などの著作で知られる作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市東区の介護施設で死去した。90歳。熊本県天草市出身。葬儀・告別式は近親者のみで営む。喪主は長男道生(みちお)氏。 

 1927年、熊本県天草市(旧宮野河内村)生まれ。生後間もなく同県水俣市(旧水俣町)に移った。戦前は小学校の代用教員を務めたが、軍国教育の一端を担った自責の念から退職。結婚後は主婦として過ごす傍ら、水俣病が発生した漁村を訪ね歩き、患者や家族と交流を深めた。58年結成の文学集団「サークル村」の同人誌に患者たちの様子を描いた作品を発表し、69年「苦海浄土-わが水俣病」として刊行、水俣の現実を伝える文学として一躍注目を浴びた。

 水俣病第1次訴訟(69年、熊本地裁提訴)の支援組織「水俣病市民会議」の発足メンバーとして一貫して患者たちを支援。2013年に天皇、皇后両陛下が水俣を訪問される際に「胎児性患者にぜひ会ってほしい」と皇后さまに手紙をしたため、両陛下と患者の面会が実現した。

 著作に苦海浄土(3部作)のほか「西南役伝説」「春の城(旧題「アニマの鳥」)」「はにかみの国-石牟礼道子全詩集」など。02年には、水俣病をテーマに現代文明を批判する新作能「不知火(しらぬい)」を発表した。苦海浄土は1970年に第1回大宅壮一ノンフィクション賞に選ばれたが、受賞を辞退した。73年に「アジアのノーベル賞」とされるマグサイサイ賞を受賞、86年に西日本文化賞、2003年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。

=2018/02/10付 西日本新聞夕刊=

関連記事

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR