佐賀県鹿島市 母子健康手帳アプリ導入 健診や予防接種のお知らせ受信

西日本新聞

 鹿島市は14日、母子健康手帳のデータをスマートフォンで閲覧したり、健診や予防接種のお知らせを受信したりできるアプリを県内で初めて導入した。

 アプリはNTTドコモが開発。母子健康手帳の内容をクラウド上に保存し、母親だけではなく父親など家族も閲覧できるようにしたほか、子どもの年齢に連動して健診や予防接種の日程を知らせる機能が備わっている。ドコモ以外の通信会社、いずれの機種でも無料で利用できる。

 同市では健診などを郵送で知らせているが、受診漏れがなくならないことからアプリ導入に踏み切った。同市保険健康課は「離乳食のレシピなども紹介しており、出産・子育てに活用してもらえれば」と期待している。同課=0954(63)3373。

=2018/02/15付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ