増田明美さんが「おもてなしパトラン」参加 18日に北九州マラソン

西日本新聞 北九州版

街を歩く人とあいさつを交わし、手を振りながら走る増田明美さん 拡大

街を歩く人とあいさつを交わし、手を振りながら走る増田明美さん

 18日の北九州マラソンを前に、元マラソン選手で解説者の増田明美さんが17日、北九州・京築地区で見守りを兼ねたランニングに取り組む「パトランキタキュー」の会員35人とともに、市民とあいさつを交わしながら小倉の街を走った。

 パトランは「パトロールランニング」の略で、防犯活動をしながらランニングをする取り組み。パトランキタキューは普段、夜に活動しているが、今回は全国から訪れるランナーを笑顔で迎えようと、「おもてなしパトラン」と題して昼に実施。北九州マラソンの大会ゲストとして北九州市入りした増田さんにも参加を呼び掛けた。

 増田さんは、マラソンスタート地点の市役所(小倉北区)周辺を約30分間走り、市民や観光客に「こんにちは」と声を掛けていた。増田さんは「走ることを通した安全づくり、友達づくり、健康づくりができていて素晴らしい。楽しかったです」と笑顔だった。

=2018/02/18付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ