「あんた、知らんのけ。トンボはな、縁起物なんでえ」

 「あんた、知らんのけ。トンボはな、縁起物なんでえ」。古布などを使い、趣味で人形や雑貨を手作りする大分県杵築市の高齢女性に、題材にしているトンボについて尋ねると、こう説明してくれた。

 さらに、前にしか進まないので「勝ち虫」と呼ばれたこと、「不退転」の象徴として戦国武将が甲冑(かっちゅう)の装飾品として使ったこと、「とんぼ返り」にあやかり、デザインされた巾着などが旅のお守りに代用されたことなど、次々に教えてくれる話はどれも初耳で、好奇心を刺激された。

 親切心を通り越して「何かを伝えたい」という女性の思いを感じていたとき、退職して数年になる元会社役員からの相談を思い出した。「これまで培ってきたものを若い世代に伝えたい。周辺にもそう願う人がいる。方法はないか」。経験や知識を伝えたい人がいて、それが役立つ人がいるかもしれない。貴重な財産の橋渡しになるよう取材に当たりたい。 (原田克美)

=2018/02/22付 西日本新聞朝刊=

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR