宇宙ごみ計測衛星 迷子 九大とベンチャー企業開発 電波受信できず 「無事でいて…」

西日本新聞

 九州大やベンチャー企業が開発した人工衛星が、ロシアのソユーズロケットで11月28日に打ち上げられた後、衛星からの電波を受信できず、打ち上げが成功したのか分からない状態となっている。役割を終えても宇宙空間を漂い続ける人工衛星やその部品などの「スペースデブリ(宇宙ごみ)」を計測する衛星だが、自身が行方不明となってしまった。九大の関係者は「宇宙空間で無事に計測していてほしい」と祈っている。

 打ち上げられた衛星は、0・1ミリという極小の宇宙ごみでも計測できる「IDEA(イデア) OSG 1」。九州大大学院工学研究院の花田俊也教授らの研究班、東京に拠点がある日本人創業の宇宙ベンチャー「アストロスケール」(シンガポール)、総合切削工具メーカー「オーエスジー」(愛知)が開発した。

 宇宙ごみは1ミリ程度でも、ぶつかると重大な被害につながる恐れがある。2ミリ程度の大きさなら地上から観測できるが、約50万個あると推定される1ミリ以下の宇宙ごみは観測が難しい。

 極小のごみの計測衛星は世界初で、開発費は数億円。縦横40センチ、高さ60センチの直方体の2面に薄膜を張り、宇宙ごみに当たって穴が開くと大きさと時刻を送信する。軌道に乗れば約2年間で80~100個を計測できる見込みで、花田教授の研究室の学生たちが受信データの分析を担当する予定だった。

 ロシアのボストーチヌイ宇宙基地から打ち上げられたものの、ロシア国営の宇宙開発企業は数時間後に、一部の人工衛星の軌道投入に失敗し、初期通信ができなかったと発表。大西洋に落下したとの情報もある。

 九大に探索能力はなく、情報を待つしかない。大西洋に落下していた場合は開発をやり直さねばならず、同様の衛星開発に取り組んでいる米航空宇宙局(NASA)に先を越される可能性があるという。

 「宇宙環境や人類のためには、どこの衛星だろうと研究成果が早く出るべきだが、個人的には別の科学者グループに先を越されれば残念」と花田教授。「計画の軌道でなくても、宇宙空間に漂っていてくれれば」と願っている。

 宇宙ごみ 役割を終えたり故障したりした人工衛星やロケットの残骸。地球の周りを秒速7キロ以上で回り、人工衛星や宇宙ステーションに衝突すると大きな被害をもたらすとされる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、人類初の人工衛星が打ち上げられた1957年以降、数千基が宇宙空間に投入され、宇宙ごみの増加も国際問題となってきた。除去や回収技術の開発が求められている。

この記事は2017年12月02日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ