医師・宇良田唯に光を 結婚式から逃走、独で博士号 天草・牛深出身

西日本新聞

 「お許しくださいませ」-。1通の置き手紙を残して結婚式場から出奔。私費で単身ドイツへ留学し、日本人女性として初めて医学博士の学位を取得した天草市牛深町出身の宇良田唯(うらたただ)(1873~1936)。その波瀾(はらん)万丈の生涯を顕彰し、生家に残る蔵を保存・活用しようという動きが始まっている。

 郷土史家・北野典夫氏の「天草海外発展史」によれば、唯は商いや唐貿易、新田開発を行い、富を築いた大店(おおだな)「萬屋(よろずや)」の7代目、玄彰の次女として生まれた。19歳の時、村の豪商の若旦那と縁談が持ち上がる。

 三三九度が交わされ、盛大な宴が催されたが、いつの間にか花嫁の姿が消えていた。残された手紙には「私は花婿さんが嫌いで出奔するのではありません。よそに出て、もっともっと勉強したいのです」と書かれていた。

 熊本薬学校(現熊本大薬学部)で学んだ後、上京。私立伝染病研究所に入り、猛勉強を続けた。同窓には北里柴三郎(小国町出身)や野口英世などがいた。

 1903年、ドイツのマールブルク大に留学する。専門は眼科だったが、医学部のあらゆる授業を受けた。翌年、良き理解者だった父が亡くなっても、涙をこらえて勉学に励む。留学期間を1年短縮して05年に博士号を得た。同大創設以来、初の女性取得者で、もちろん日本人女性初の快挙だった。

 帰国後、北里の紹介で伝染病研の薬剤師中村常三郎と結婚。新天地を中国に求め、天津に総合病院を設立した。貧しい患者からは治療代を取らず、「医は仁術」の理想を実践。日本に引き揚げた後は東京に眼科を開設した。36年、病に倒れ帰らぬ人となった。

   □    □   

 唯をそこまで突き動かしたものは何だったのか。約25年前、県近代文化功労者に唯を推薦し、今も研究を続ける吉川茂文さん(81)は「伝記もなく、日記も残っていない。恐らく父親の影響が大きかったのではないか」と推測する。

 幕末、西郷隆盛や大久保利通ら薩摩の志士が京都へ向かう途中、牛深で遊んだとされる。父・玄彰は彼らと交流が生まれ、後に自由民権運動の先駆者となる。そんな父譲りの唯は、勝ち気で頭脳明晰(めいせき)、豪放な性格の持ち主だった。

 明治女医史を研究する三崎裕子元北里大特別研究員は「明治女性史、日本医学史上でも非常に高く評価されるべき人物の一人」と話す。

 吉川さんは「唯の生誕150年となる2023年に向け、往時をしのばせる萬屋の蔵を、偉業を顕彰する資料館や土産物店などとして活用できるようにして、歴史を後世に伝えていきたい」と話している。

=2018/02/26付 西日本新聞朝刊=

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ