火口観光無事祈る 「3年半は長かった」 阿蘇中岳28日“解禁”

西日本新聞

 阿蘇山の中岳火口への立ち入り規制が28日に解除されるのを前に、火口近くの阿蘇山上神社(阿蘇治隆宮司)で27日、安全祈願祭が行われた。参拝した関係者が神職と火口縁に上がり、火口観光の無事を祈った。

 噴火活動で火口周辺への立ち入りが規制されたのは2014年8月。活動は時に激化し、16年10月には爆発的噴火が発生した。阿蘇観光の目玉として多い年は年間300万人が火口見物に訪れていただけに、地域は大きな影響を受けた。

 観光業にとどまらず、農業などの地域産業や住民生活も降灰被害に見舞われ、16年の熊本地震の影響も痛手となった。火口縁で参拝者の口をついて出た「3年半は長かったなぁ」という言葉に、思いがこもっていた。

=2018/02/28付 西日本新聞朝刊=

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ