五島のつばきマラソン634人快走 県内唯一「フル」の部も

西日本新聞

 第18回五島つばきマラソン(実行委員会主催)が2月25日、五島市三井楽町の遣唐使ふるさと館を発着点に開かれた。大会は2015年からフルの部を設け、県内で唯一、フルマラソン(42・195キロ)が行われている。

 大会には、県内外からフルの部に306人、ハーフに192人、4人一組でフルを走るリレーの部に34チーム人の計634人が出場した。選手たちは、青い海と真っ赤なヤブツバキ、教会といった五島ならではの景色に励まされながら、雨にも負けずに元気にコースを駆け抜けた。

=2018/03/06付 西日本新聞朝刊=

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ