小倉城、本丸広場はバーベキュー禁止 花見マナー改善へ、松の丸に限定 北九州市、ごみ放置など苦情受け

西日本新聞 北九州版

 北九州市は5日、花見の名所となっている小倉北区の小倉城天守閣広場で、天守閣に近い本丸広場(約1万平方メートル)でのバーベキューを禁止し、南側の松の丸広場(約3200平方メートル)に限って認める方針を明らかにした。今月下旬から4月上旬までの花見期間中に適用する。毎年ごみが大量に放置され、煙やにおいに関する苦情も多く寄せられていることから、規制に踏み切る。

 小倉城の花見を巡り市は昨年3月、利用ルールを初めて策定。場所取りを午前10時以降に限定し、ロープやくいを使った場所取りを禁止した。一方で公園内のバーベキューは本来、許可が必要だが、花見期間中は「文化として定着している」として黙認していた。

 ただ、昨春もごみの散乱が見受けられ同時期、市が小倉城を訪れた人に実施したアンケートでも「場所を限るべきだ」との意見が最多の5割に上った。小倉城は近年、天守閣を見学する外国人観光客が増えており、来訪者でにぎわうことが予想される本丸広場は禁止することにした。

 市は花見期間中、天守閣広場にルール順守を求める看板を設置。巡視員も配置し、本丸広場でのバーベキュー禁止に理解を求める。

 この日、市議会一般質疑で北橋健治市長は「魅力的な空間を守っていくためにも、花見客の利用マナー改善は必要。来年以降のルールは今年の利用状況も踏まえ、検討したい」と答弁した。

=2018/03/06付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ