「ロケ地マップ」12万部作成 佐世保観光コンベンション協会など ファン訪問「聖地巡礼」に期待

西日本新聞

 佐世保市を舞台にした映画「坂道のアポロン」の全国公開にあわせ、佐世保観光コンベンション協会などが映画の撮影地を紹介するロケ地マップを作った。映画を見たファンが撮影場所を訪れる「聖地巡礼」に期待する。

 ロケ地マップは、同協会や県観光連盟、大分県豊後高田市のフィルムコミッションなどが12万部作成。県内では佐世保北高や黒島天主堂などの撮影場所や映画に登場する風景など20カ所を映画に登場するシーンの写真などとともに紹介している。佐世保市役所や各支所、長崎市観光案内所などで配っている。

 同協会は「映画をきっかけに全国から佐世保の美しい風景を見てほしい」と話している。問い合わせは佐世保観光情報センター=0956(22)6630、県観光連盟=095(826)9407。

=2018/03/10付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ