「維新博」17日開幕、唐津や鳥栖でも 偉人や歴史を施設で紹介 佐賀市には「オランダハウス」

西日本新聞

 明治維新150年を記念した「肥前さが幕末維新博覧会」が17日に県内各会場で開幕する。主会場「幕末維新記念館」(佐賀市)のほか、唐津市や鳥栖市でも激動期に活躍した偉人や知られざる歴史を紹介する施設が開設され、多彩な催しで楽しめそうだ。

 唐津市本町の旧唐津銀行が会場の唐津サテライト館では、唐津藩の英語学校「耐恒寮」が輩出した東京駅の設計者、辰野金吾をはじめ、日本の近代化をリードした偉人たちを中心に紹介している。

 総理大臣となる高橋是清の薫陶を受けた辰野らの青春を、実写を交えたアニメで流すほか、寮出身の5人のイラスト入りパネルを展示。キャンバスに描いた東京駅の絵に実写映像を投影した作品もある。

 鳥栖市神辺町の中冨記念くすり博物館2階に設けられた鳥栖サテライト館には、鳥栖市の一部が対馬藩田代(たじろ)領で起こり発展した「田代売薬」や、幕末の佐賀藩財政に貢献した櫨蝋(はぜろう)の生産、明治以降は鉄道の結節点となり、市が発展したことなどを展示。

 鉄道コーナーでは、鳥栖駅周辺の立体地図にプロジェクションマッピングで映像を投影して、ナレーションで交通の要衝として栄えていった歴史を解説している。開館は午前10時~午後5時。月曜(祝日の場合は翌日)と年末年始休館。博物館の入館料として大人300円、高校生以下無料。

 佐賀市呉服元町の旧佐賀銀行呉服町支店と周辺では、佐賀藩が西洋技術を導入するきっかけになったオランダとのつながりを学ぶ「オランダハウス」がオープンする。ギャラリーでは佐賀と同国が水辺と共生してきた歴史を振り返るパネルを展示するほか、有田焼創業400年を記念して国内外のデザイナーと有田町の窯元が手掛けたブランド「2016/」の商品を飾る。

 統括ディレクターの西村浩さんは「水辺やデザインという共通点を感じながら楽しんでほしい」と話している。

=2018/03/17付 西日本新聞朝刊=

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ