遊んで学ぶ科学やものづくり 福岡市科学館でイベント

西日本新聞

 遊びを通して科学やデジタル技術、ものづくりを学ぶイベント「ワークショップコレクションin福岡」が31日、福岡市中央区の市科学館で始まった。1日まで。イベントには製造業やIT企業、大学などによる40のブースが出展。初日は1万2千人が来場した。春休み真っ最中の子どもたちは、プログラミングや粘土を使った工作、オリジナルのノート作りなどを楽しんだ。

 江戸時代から受け継がれる鳥の形をした縁起物、モマ笛の色づけを体験した春日市の女子(10)は「色塗りが難しかったけれど、かわいい笛ができた」と笑顔を見せた。イベントを主催したホームセンター「グッデイ」のワークショップ企画担当、山田周平さんは「イベントを通じて、自分の得意なこと、好きなことを発見し将来に生かしてほしい」と話した。入場無料。一部材料費が必要。

=2018/04/01付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ