2校統合の大牟田・駛馬小で開校式 児童234人祝う

西日本新聞 筑後版

 3月末で閉校した大牟田市の旧駛馬(はやめ)北小と旧駛馬南小が統合して駛馬小(同市馬場町、萩島弥穂校長)が誕生し6日、旧駛馬北小で開校式があった。

 体育館であった開校式には2~6年の児童234人が出席。市教委から学校に校旗が授与された後、6年の松原里奈さん(11)と松本和也さん(11)に団体旗が手渡された。この後、新しい校歌を全員で合唱。校歌と校章を作成した関係者に、市教委から感謝状が贈られた。

 式典の後、松原さんは「みんな仲良くやっていきたい」、松本さんは「豊かな学校になれば」と抱負を語った。

 駛馬北小は1892(明治25)年に駛馬尋常小として設立。1909(同42)年に同小沖田分教場が独立して駛馬南小が誕生しており、両校の合流は109年ぶり。

=2018/04/07付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ