宇宙の神秘を丸ごと体感 惑星パネルに実験コーナー… 県青少年科学館14日新装オープン

西日本新聞 筑後版

 久留米市東櫛原町の県青少年科学館が14日にリニューアルオープンするのを前に、関係者向けの内覧会が11日開かれた。2階に設置された「宇宙コーナー」には、太陽系の全惑星の模型をはめ込んだ巨大パネルや宇宙旅行気分を味わえる巨大スクリーン「宇宙の窓」が登場、関心を引いていた。

 県が昨年12月から約1億8800万円を投じ、常設展示がある2、3階部分を改修した。自転車をこいだエネルギーで風を起こす実験装置など、科学知識を楽しく学ぶコーナーのほか、ロボット技術を特集する展示も設けられた。

 科学館では、職員による実験ショーの回数も増やす方針で、南里正美科学教育グループ長は「何度も足を運んでもらえる施設にしたい」と話している。

 午前9時半~午後4時半(土日祝日は同5時)。入館料は一般400円、高校生以下200円。3歳以下と65歳以上無料。

=2018/04/12付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ