中国版ツイッター「同性愛」規制…すぐ撤回 漫画や動画削除 ネット上で反発拡大

西日本新聞

 【北京・川原田健雄】中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」が、同性愛をテーマとした漫画などの投稿を削除する方針を発表したところ、サイト上で反発の声が相次ぎ、わずか数日で撤回することになった。中国で高まりつつある性的少数者(LGBT)擁護の動きが大手企業を動かした形だ。

 微博は中国版ツイッターとも呼ばれ、約4億人が利用する。騒動の発端となったのは微博側の13日の発表。インターネット安全法などに従って削除する違法コンテンツとして、ポルノや暴力関連のほか、同性愛をテーマにした漫画や動画を含むと明らかにした。

 これに対し、LGBT活動家らが反発。微博上では「#我是同性恋(私は同性愛者)」などの検索用目印を付けて「同性愛者は怪物ではない。ポルノや暴力と同列に扱うのはどうか」「人間は生まれながらに平等だ。理由もなく差別されるべきではない」と抗議する書き込みが相次いだ。支援の声が一般のネット利用者に拡大したこともあり、微博側は16日、ポルノや暴力関連は取り締まるものの、同性愛は対象外とする方針を発表した。

 中国当局は、サイトの運営企業を通じたネット上の統制を強めており、これまでも体制批判に結びつきやすいヒップホップ音楽などが規制されてきた。今回の方針撤回はネット利用者側が規制撤回を勝ち取った珍しいケースと言える。

 同性愛者を支援するサイトは「閲覧数は5億回を超え、重要な役割を果たすことができた。新たな声が加われば、さらに強い力になる」と書き込みへの参加を呼び掛けている。

=2018/04/19付 西日本新聞朝刊=